赤ニキビを治す前に正体を知る

赤ニキビの正体に迫る!

赤ニキビを治すと言っても、まずは相手の正体を知る事が重要です。
ニキビは、皮膚の毛穴にある脂線が、激しく活動を開始する事から始まります。
この脂線は、皮脂が分泌する役割を持っているのですが、活動が活発になると皮脂が出すぎてしまいます。
すると、毛穴に皮脂が蓄積されて、ドンドン詰まっていきニキビの初期段階である白ニキビになります。
その状態にアクネ菌などのニキビの原因となっている菌が絡んでいき、赤い炎症に発展します。
これが赤ニキビになる過程です。
赤ニキビの正体は、白ニキビの進化バージョンでした。
白ニキビになるくらい毛穴にたまっている皮脂に、ニキビ菌達が食いついて増えている感じですね。
だから赤ニキビを治す以前に、白ニキビの段階で手を打っておけば苦しまずに済む可能性が上がります。
早めにニキビ治したいと考える事が、最大の赤にキビ防御方法だったりします。
こうして赤ニキビの正体を調査した結果、1つ前の段階で予防する事が大事だとわかりました。
まだ炎症が出ていない状態の方が、治しやすいのは当たり前ですからね。
ちなみに赤ニキビは、ホルモンのバランスが安定せず、皮脂が大量に分泌される事が多い思春期に発生しやすいです。
膿みが伴ったりして痛くて痒い赤ニキビには、なるべくならないようにしたいものです。


赤ニキビを治すにはニキビ菌を抑制する事

ニキビ菌を抑制せよ!

赤ニキビを治すには、まずはその原因となっているアクネ菌などのニキビ菌を抑制する必要があります。
もう既に直接薬を塗りつけたりするだけでは、早く治すのは難しいレベルになっているのが赤ニキビ。
そこで直接の原因を叩くイメージで治療を始めた方が効率的というわけですね。
ちなみにニキビ菌には有名なアクネ菌の他にマラセチア菌というマイナーなものも存在します。
あまり知られていないマラセチア菌ですが、実は多くのニキビと関連しているというから驚きます。
でも、実はニキビ菌の代表格のアクネ菌は、人の肌には常に多かれ少なかれいるのです。
ただ、そのバランスが崩れるとニキビを呼び込んでしまうだけなんですね。
元々アクネ菌は、肌を防御してくれる割と大事な役割を持っています。
だからこそ、赤ニキビを治すなら、アクネ菌達に平常運転してもらうために抑制する必要があるのです。
まず基本は顔を綺麗に洗う事です。
ニキビ菌の餌となる皮脂を洗い、毛穴が詰まらないようにしていきます。
無駄な皮脂が減って毛穴が綺麗だと、赤ニキビの元となる白ニキビもできにくくなります。
モチロン、赤ニキビの悪化も最小限にできます。
あと、ニキビ菌を抑制する薬を飲むという手もあります。
皮膚科で診察してもらうと、抗生物質が処方される場合があります。
これはニキビ菌を抑制する効果があるのです。

当然ながら赤ニキビを治すには、基本の洗顔などを行いつつ、薬を服用してニキビ菌を抑制する事が重要ですね。


赤ニキビを治す時に行いたい洗顔方法

赤ニキビを治す時は、最初に洗顔が基本だとわかりました。
でも、その洗顔方法は、どんな感じなのでしょうか。
やはり、赤ニキビの原因であるニキビ菌をなんとかしたいから、一生懸命に洗い流したくなります。
思いきり洗顔フォームを付けて、ガシガシと擦りまくりたくなっちゃうのは当然です。
ニキビ治したいあまり、気合いを入れて洗うと、何だかやり遂げた気分になります。
でも、擦りまくって行う洗顔は、既に炎症が発生している赤ニキビには逆効果なのです。
赤くなっている箇所を擦ると余計に悪化するのは、簡単に想像が付きますよね。

洗顔はやさしく丁寧に!

でも、思いきり洗う事で、皮膚に必要な脂分までスッキリ綺麗に洗い流してしまっていたとしたらどうでしょうか。
その結果、皮膚から皮脂が失われ、激しい乾燥肌になります。
すると、皮膚は「もっと皮脂を出さなきゃ」とか思い始めて、以前よりも沢山の皮脂を分泌し始めるのです。
こうなったらアクネ菌達は栄養分がいっぱい手に入るので大喜びですよね。
アクネ菌達が元気になると、より多くの赤ニキビが発生してしまいます。
こうならないためにも、正しい洗顔方法を知っておきましょう。
洗顔は、1日に何回も行わず、洗う時は皮膚を擦りすぎずやさしく洗います。
その後、ニキビケア用の化粧水等で、皮膚のケアを行っておくと良いですね。
何とか本格的に治療を始める前に赤ニキビを治す時に行いたい洗顔方法をマスターしておきたい所です。

赤ニキビを治すなら掻くのは禁止

赤ニキビを治す時に、やってはいけない行為は掻きむしる事です。
まず患部が痛がゆくなるパターンがありますが、この時ってスゴく手で触れたくなるんですよね。
でも、指で掻いてしまったりすると、それが刺激になって悪化するなんて事もあります。
何だかんだで赤ニキビは炎症が発生しています。
だから、直接掻いたりすると、さらに酷くなる可能性が上がります。
しかも、指に付いた雑菌が原因で、炎症が酷くなる事すらあります。

赤ニキビは掻いちゃ駄目なの?

痒くてどうしようもない時は、一時的に氷など冷たいものを当てると、若干マシになります。
でも、多用するのは、あまり皮膚にはよろしくないので、本当に苦しい時だけにしたい所ですね。
あと、痒みを止めようと思って、虫刺されの薬なんてものを塗ってみると、確かに痒みは緩和されます。
でも、さらに痛みが増して、炎症がパワーアップする事があるので、自己判断で薬を使うのは危険です。
赤ニキビで効果的な薬を使いたいなら、皮膚科へ行くのが一番良いですね。
皮膚科と言えば塗り薬を想像しますが、それ以外にも痛みや痒みに効果がある飲み薬が処方される場合もあるのです。
手が付けられないと思うくらい赤ニキビが悪化した時は、素直に病院へ向かう事が治す事への近道となります。
何だかんだで赤ニキビに限らず、ニキビを治すなら掻くのは禁止ですね。